blog
掲示板オフ会用掲示板電気の話題Widnowsの話題写真館 | その他いろいろベンチマーク管理人よりサイトマップWEBメール

東芝LibrettoL2/060TN2 Impression

カタログのURL
http://dynabook.com/pc/catalog/libretto/010802l2/index_j.htm


1?りぶれっと・・・って?

リブレットは、東芝が販売している。ノートパソコン。
いわゆる、デスクトップ機のノート版ともいえる「A4サイズ、オールインワン」や、サブノートと呼ばれるB5サイズノートPCよりも、小さいサイズ。

そのため、FDやCDを読みとるためのデバイス(装置)が、外付け(リブレットでは別売)になります。そのかわりに、軽い、小さいので持ち運びやすい。自宅と会社といった、外に持ち運ぶにはとても便利な2台目向きのPCです。

2?りぶれっとの特徴は?

なっといっても、ワイド画面でしょう。
10型ワイド(1280*600)という変則的な画面にもかかわらず、意外と見やすい。
当然文字も小さくなった分、読みづらいので眼は疲れます。

キーボードが大きい。
横幅が270mmと長いため、キーボードがB5サイズのノートPCと同じ程度になっています。ちょこっと文字を打ち込むには気にならないと思います。
キータッチも良好でなかなかのもの、ATOK利用でPageUp/PageDownキーを利用して単漢字を入力する場合は、Fnキー+↑か↓で入力する必要があります。慣れると、意外に使いです。

CPUがくるーそー(Crusoe)
パソコンの中身なんて、動けば気にならない人がほとんどだと思うのですがあえて。
トランスメタ(Transmeta)という会社が作った、省電力CPUクルーソー(Crusoe)を搭載しています。
 ノートPCで出回っている製品は、ほとんどインテル(Intel)のCPU、ペンティアム(Pentium)シリーズを搭載しています。これに、マイクロソフト(Microsoft)のWindowsがインストールされています。
 クルーソーの売りは、インテル製のCPUより同じ能力で低消費電力(バッテリーでなら長時間駆動できる)、CPU負荷に応じて(PCの利用状況に応じて)処理速度を変化させることが可能というものです。
 ところが、現在インテルは、モバイルペンティアムシリーズを一新して、低消費電力&スピードステップ技術によって、クルーソーの優位性は、薄らいでいます。今後、クルーソーも1GHz(1000MHz)で駆動する、TM6000というCPUを出荷するそうなので優位性を取り戻すかもしれません。
ちなみに、ベンチマークソフト(HDBENCH)で測定したところ、リブレットに搭載されているクルーソーTM5600(600MHz駆動)は、インテルのセレロン(Celeron)500MHzと同等の処理能力を持っているようです。

3?で、使ってみて・・・(これは×編)?

テチテツテハツ?マ?ツ?ツ?ツ?
標準搭載されているメモリは128MB。Windows2000を使用すると利用できるメモリがほとんどない。増設で128MB増やせるので、購入するならメモリも一緒に。

バッテリー駆動中に処理速度が遅いよ
バッテリー駆動では、CPUの速度を調整する機能が働くだが、複数の処理(IEを複数動かす)をさせたときに、CPU速度が高速モードにならない現象が見られる。これは、CPUの性能というより、速度を調整するプロセスが問題みたい。
ということで、私の利用方法は、CPUは常に高速モード、冷却方式は、ファン冷却&CPU速度の低下を併用するモードを選んで使用している。
これだと、そんなに処理速度の低下はないけど、バッテリー駆動時間は短くなる。


4?で、使ってみて・・・(これは○編)?

スクロールボタン便利
左右クリックボタン以外に、スクロールボタンが付いている。
これが便利。いろんな場面で画面をスクロールさせるときにマウスを△▽に合わせて、左クリックをする必要がない。
たいしたことないかもしれないけど、画面が小さいのでとても便利。

キーボードが打ちやすい
さっきも書いているけど、キーボードがこのクラスでは大きいので、文字の打ち込みがとても楽。
これは、長時間使っていても疲れない。

LANポート標準装備
前のモデルL1では、LANポートの代わりにIEEE1394ポートがついていたので、1つしかない、PCカードスロットをLANカードに使用する場合が多かったみたい。
今回は、LANポート(10/100)ついてます。自宅でLANを利用しているなら便利です。ファイル共有や、印刷などもLAN経由で出来るので2台目にリブレットを買うなら、LAN構築も一緒にしてしまいましょう。
無線LANがいいというひとは、PCカードスロットを使ってくださいね。(^_^;

起動時間はなかなか早い
これは(ハテナ編)かもしれない。
休止状態からのスタートは1分を切る程度。
画面を閉じて、休止状態。画面を開いて、通常利用。意識しないで休止状態が利用できるので、いいと思う。
いままで、休止状態がまともに使用できるPCを使っていないので評価はできないけど、なかなかのスピードではないかな。
ウイルス予防ソフトなども、入れてあるので常駐しているソフトは多いと思うし。

5?で、使ってみて・・・(ハテナ編)?

バッテリー駆動時間は長いのか短いのか
メーカー値で3時間30分程度。
実際のストレスなく利用すると、2時間程度が限界。
大きさ&軽さと駆動時間を天秤にかけると、ちょうどいいぐらいかもしれない。
ちなみに大容量バッテリは高価(4万円)で、評価できない。(だれかください(^_^;)

ハードディスク容量
HDDの容量は10GB。ワード、エクセルやメールのチェック、HPの閲覧程度なら十分だと思う。
これをメイン機として、画像編集をするならきっと足りない。要は、用途次第。
プレゼンテーション用の端末として利用するなら十分だとはおもう。

多少もたつくんです
CPUが多少貧弱なところもあってか、処理で一息ついてしまうときがある。
TM5800という800MHzまで対応のクルーソーでは、ほとんど発生しないそうだから、CPUがOS&ソフトに負けているらしい。