blog
掲示板オフ会用掲示板電気の話題Widnowsの話題写真館 | その他いろいろベンチマーク管理人よりサイトマップWEBメール

Menu戻ります次へ

第6回【雷対策】

みなさんは、「雷対策」をしていますか?
雷ですが、夏と冬が多いんだそうです。
雷で停電なんてことは、最近ずいぶんと減りましたが、それ以外にもサージ電圧などと呼ばれる、異常電圧で家電製品や電話が壊れてしまう話を耳にします。

対策なんですが、今のところ簡単確実な方法は1つしかありません。
雷が近づいたら、ブレーカー&漏電ブレーカーを切り(OFF)にする。電話線を抜く。
これだけすれば、直撃さえしなければまず大丈夫です。
えっ、部屋が暗い、パソコンができないですって。我慢しましょう。(笑)

あまりにも、アドバイスにならない内容なので、もうちょっとマトモな方法の紹介です。
避雷器(アレスタ)の機能が付いている、コンセントや電話ジャックを使用します。避雷器は、雷ガードなどと書かれていることが多いと思います。
これは、OAタップ、コンセントにつけて使用するタイプの2種類があります。
避雷器ですが、通常では非常に大きな抵抗を持っていて、高電圧を加えると抵抗が急激に「0」に近づく素子を使用します。
雷によって発生した、異常電圧を機器へ流れる前に、他のところ(アースや放電)へ逃がすことで、機器を保護するものです。
この機能ですが、製品によっては1回で使用不能になるものもあるので購入時に説明をよく読んでください。
また、避雷器の素子の特性として、「○○A/○○Vまで」などと書かれています。
それほど、重要視しなくてもいいと思いますが、同じ値段なら、大きな値の方がいいかもしれません。

実際には、機器へ加わる電圧は上昇しますので、避雷器を使用したからといって機器を100%保護できるものではありません。うまく利用して、パソコンなどを守ってやってください。

ちなみに電線(鉄塔)に落雷が発生すると、落雷検出装置によって落雷を感知し、電気を瞬間的に遮断します。遮断時間は、10〜60msec程度だそうです。
これによって、照明が点滅したりする現象が発生するのですが、パソコンなどに障害が発生するようでしたら、UPS(無停電電源装置)を使用して予防をしましょう。
停電したときでも、5分程度あればファイルの保存や終了ができます。

個人で買うにはちょっと高い買い物(2〜3万円程度かな)ですが、停電で困るようでしたら使ってみてはいかがでしょう。